2017年02月10日

三井の寿

お世話になります。
今日も穏やかな雪まつり日和の札幌です。
大荒れにならなく、一安心ですね。
ある意味、吹雪の雪まつりも「らしく」て、良いのかもしれませんね〜

今日は暖かい地方のお酒を・・・

DSC_0502.JPG

福岡県 三井の寿 mii no kotobuki

DSC_0503.JPG


純米大吟醸 愛山

2014_0218三井の寿0530.JPG

お蔵元は「株式会社 みいの寿(みいのことぶき)」。
社名が変わりましたね〜
住所は、福岡県三井郡大刀洗町です。
最後にお邪魔したのが3年前のこの季節でした。
雪はなかったですね、さすが。

2014_0218三井の寿0431.JPG

北海道を応援してくださる井上さん。

昨日までは雄町を使ったお酒を紹介してきましたが今日は「愛山」。
精米歩合50%の純米大吟醸がお勧めです。
日本酒度が−3、酸度が1.5 アルコール度数が16度。
愛山っぽいバランスの良さですね。

それで、今日のチャームについている一品が・・・

DSC_0544.JPG

同じエリアのお野菜です。
狙ったわけではなく、偶然とは恐ろしいものですね〜
同じエリアのモノをあてにこのお酒、いかがでしょうか?

金曜日です。
明日は土曜日の祝日、お休み前です。
軽く一杯いかがですか?

雄町?しております。
ではでは〜〜〜

2014_0218三井の寿0458.JPG



posted by もろはく at 09:49| お酒のご案内

2017年02月09日

ナイスな山廃

お世話になります。
チョー気持ちの良い朝ですね〜
目覚めが悪かった担当者ですが、お散歩に行って気分すっきり!
北海道らしいナイスな朝のお散歩でした。

さて今日はこのお酒を〜〜

DSC_0541.JPG

宮城県 日輪田 hiwata

DSC_0542.JPG


山廃純米大吟醸 雄町
昨日の阿部勘に引き続き、今日も宮城のお蔵の雄町使用酒を紹介します。
雄町45%精米の純米大吟醸。

先日お客様との会話の中に「山廃の純米大吟醸が少ないですね」と言うものがありました。
確かに少ないですね。
大吟醸の一般的な定義には「吟醸香も華やか」「味キレの良さ」が代表されますね。
山廃の一般的な定義だと「旨味の幅が厚い」「吟醸香は控えめ」が例えられますね。
なんとなく、純米大吟醸の山廃が少ないのもうなずけますね。

はい、ここで日輪田の山廃純米大吟醸。
バランス感が私は好きですね。
決して華やか過ぎない吟醸香。
そして優しい味のふくらみ感。
さらに余韻を残しながら切れていく・・・

素敵です。
日本酒、いろんなタイプがあります。
お蔵さんの主張もあります。

どうぞいろんな日本酒に出会ってみてください。
はい、日本酒の道から・・・
離れられませんね〜〜〜


雄町しております。
ではでは〜〜〜

posted by もろはく at 08:35| お酒のご案内

2017年02月08日

雄町しておりますね。

お世話になります。
雪まつり3日目。
昨夜から雪が少し降っていて、雰囲気も盛り上がりますね。
さてさて、この期間、札幌市民の皆様は何をされているのでしょうね〜
皆さん、出控え傾向が感じますね。

今日は水曜日、ノー残業デー!
軽く一杯いかがですか?

本日のお勧めです。

DSC_0498.JPG

宮城県 阿部勘 abekan

DSC_0499.JPG


純米吟醸 雄町
「雄町」を飲みたい方、なぜか当店には多いですね。
山田錦が多い中、飲んでみたいという気持ちが良くわかります。
担当者が日本酒に目覚めた時に感じていたこと・・・
「東北のお蔵(特に宮城県)に雄町を使うお蔵さんが多い」
ただ、全銘柄と言うわけではなくて、仕込計画の中でのタンク一本だけ
と言ったところも多かったですね。
個人的に雄町に興味があったから、そう感じたのかもしれませんが・・・

はい、阿部勘さん。
元々のブランドは「 於茂多加 男山 」。

ずいぶん前から気になっていたお酒でしたが、最近は札幌でも買えるようになり
嬉しい限りです。

その阿部勘さんの雄町を使った純米吟醸。
その雄町の中でも、名前の由来になった岡山県・高島村雄町産の雄町を使った
ものです。

説明はこの位で、あとは、まず、飲んでみませんか?
雄町しております。

ではでは〜〜〜

posted by もろはく at 09:28| お酒のご案内

2017年02月07日

阿櫻さんのきたしずく

お世話になります。

雪まつり、真最中ですね。
ようこそ、雪まつりへ!

さて、今日も道産米を使ったお酒を・・・

すっかりおなじみのお蔵のお酒の登場です。
道産米「きたしずく」の道外酒(道外のお蔵さんのお酒)を初めて使った本州のお蔵さんです。

20150728_182130.jpg

秋田県 阿櫻 azakura

20150728_182152.jpg


もろはくスペシャル 「袋吊り」
〔阿櫻〕純米吟醸きたしずく仕込み
きたしずく50%精米
日本酒度:+2 酸度:1.6 アミノ酸度:1.1 alc:16.8%

2015_0315moro0514.JPG

今年は、道産米(「きたしずく」以外の道産米も含めて)が、いろんな道外のお蔵さんで使われております。
阿櫻さんは、きたしずくを一番最初に造ってくれたお蔵様です!

2015_0315moro0536.JPG
(モトではなく、小仕込みのお酒です)

初めて飲んだ時はビックリしましたね〜〜

それから約1年半、経ちました。
まだまだ未知数のきたしずくの特性ですが、熟してますます旨味が出てきました。

2015_0315moro0542.JPG

さらにさらに、ご存知の通り、営業部長の稲上さんは道産子。
いつもエコ贔屓応援させていただでいております。
そして熱心に応えてくれます。

2015_0315moro0567.JPG
(名人、照井杜氏)

まずは、道外のお蔵、初めての「きたしずく」一年半熟成。
お試しください。

2015_0315moro0544.JPG
(仕掛け人の鈴木さん)

ではでは〜〜〜

2015_0315moro0545.JPG




posted by もろはく at 10:06| お知らせ

2017年02月06日

北の錦 限定酒

お世話になります。
札幌は、雪まつりですね。
本州からもたくさんの方々がいらっしゃます。

ようこそ、北海道へ〜

ようこそ、札幌へ〜〜

そんな皆様を歓迎するようなお酒が到着しました。

DSC_0504.JPG

北海道夕張郡栗山町 北の錦 大吟醸 あらばしり 生

DSC_0506.JPG


あらばしりのスペック 
北海道酒造好適米 吟風45精米
日本酒度+4 酸度1.3 アミノ酸度1.2 
アルコール分16%です。

待ちに待った大吟醸あらばしりです。
毎年この時期の出荷です!

今回は、お蔵の特徴でもあります酸味が少しおさえられていますね。
穏やかですよ。

いろいろな限定商品の中で気が高いあらばしり。
搾りたての荒々しさと華やかな香りが心地好い大吟醸です。

ますます造りに磨きのかかった北の錦。
この味わいも楽しみくださいませ。

ではでは〜〜〜


posted by もろはく at 10:06| お酒のご案内

2017年02月04日

特Aの山田錦

こんにちは。
穏やかなお天気の札幌です。
この位の温度だと、寒く感じない・・・
身体が寒冷地仕様になってます。

早くも日本酒日和の土曜日がやってましりました。
そんな日におすすめは・・・

DSC_0485.JPG

福島県 写楽 sharaku

DSC_0486.JPG


山田錦の大名産地、兵庫県は特A地区の東条。
全国のお蔵さんからの引き合いがものすごいエリアです。
その東条さんの山田錦50%精米の純米吟醸です。

実際に飲み比べればよいのでしょうが、まずは飲んでみてください。
美味しいです!
何が美味しいって・・・
飲んだらわかります!

ぜひぜひお試しください。
効果で貴重なお米なのですが、純米吟醸で出してくれたのが、これまた嬉しい担当者でした。

それでは楽しい日本酒日和の土曜日をお過ごしください。

ではでは〜〜〜
posted by もろはく at 09:22| お酒のご案内

2017年02月03日

きもと

時折、吹雪く、今の札幌です。
皆さん、こんにちは。
早くも週末がやってまいりました。
アジアの方が街中には多く感じますが、地元の方・・・
お元気でしょうか?
そろそろ、雪まつりも始まるので、その前に日本酒しておきませんか?

今日は、きもと!

DSC_0127.JPG

栃木県 大那 daina

DSC_0128.JPG


特別純米 生もと造り
当店でも人気の阿久津さんのお酒、大那。
大那ですから、地元のお米を使っております。
那須産美山錦55%精米
日本酒度+3 酸度2.0
見事なバランスで出来ています。

冷酒でいただいても、飲みやすい感じがあるキモトです。
「きもと」と言う事でお燗にもしてみましたが
こちらは、美味しい麹の旨味を感じられるタイプですね。

阿久津さん、見事なバランスでキモトを仕上げてきましたね。

キモトを選んだ理由は、最近どこのお蔵さんも昔ながらの製法、きもとや山廃を必ず仕込計画に入れる傾向があります。
それは何故なのか・・・
私もいろいろ考えます。

とりあえず、いろんなキモト、体験して行きたいです。

ではでは〜〜〜
posted by もろはく at 08:41| お酒のご案内

2017年02月02日

今年も…

お世話になります。
今日の札幌、気持ち良い位に冷えてます。
北海道にいらした方々には、酔い?思いでになるでしょうね。

そんな気持ちの酔い今日は、フレッシュなお酒を・・・

DSC_0476.JPG


和歌山県 紀土 kid 

純米大吟醸 Shibata's be fresh(生) 

杜氏の柴田さんの名前がついた生原酒です。
ここ数年の紀土の人気は、うなぎ上りですね。
杜氏・柴田さんの名を冠した杜氏スペシャルシリーズの生原酒。
特にこのshibataシリーズは、人気の高い限定酒ですね。
躍動感、フレッシュさ加減が素敵です。

今年も若手の夜明けや、杜氏自身も試飲会等で来道されることでしょうね。
またぜひお会いしたい方たちです。

まずは飲んで、その美味しさを感じてください。

ではでは〜〜
posted by もろはく at 09:47| お酒のご案内

2017年02月01日

わかこま

お世話になります。
今のところ、気持ちの良い朝の札幌です。
午後からは雪模様、夜は少し吹雪く予報が出ていますね。
流石2月!
冬を楽しみたいです。

今日はこちら・・・

DSC_0447.JPG

栃木県 若駒 wakakoma

DSC_0448.JPG


若駒 亀の尾50 しずく搾り斗瓶採り
無濾過生原酒

このお酒に関しては、斗瓶が6番採りまであります。
それでこのお酒自体が3番採り。
味わいが均一な感じだと思います。

少し硬めな雰囲気ですが、これはこれで楽しんでいただこうと思っております。
さらに次回紹介させていただく時は、また一味変わっていることでしょうね。

この季節になると、酒蔵さんに行きたくなります。
お蔵に行くとパワーをもらえる気がします。
まさしく私には、パワースポットですね。

こちらのお蔵には、6年前にお邪魔してきていました。
今の杜氏さん、六代目の柏瀬 幸裕さんが、お酒を造っていますが
お邪魔した時は、戻ってから、まだ年数があまり経っていなかったことを覚えています。
もちろん、その時も注目のお蔵でしたが、最近はいろんなメディアにも登場してきますね。
人気の栃木酒の中でも若手の造り手さんの柏瀬さん。

味にもしっかりと人気になるものを感じますね。
ぜひ、若駒をお楽しみください。

さあ、今日は栃木のお酒から参りましょう!

ではでは〜〜〜
posted by もろはく at 08:29| お酒のご案内