2017年04月01日

土耕ん醸

お世話になります。
4月1日です。
昨夜見た夢・・・
夜景が見える飲食店のプロジェクトに参加している・・・
夢の中の出来事、すべて素敵でした・・・

なぜ、そのような夢を見たのであろうか・・・

う〜ん、新しいお店を立ち上げようとしている方のご来店があったからなのでしょうか・・・

そう言いながら・・・
さて4月1日、おすすめです。

DSC_1086.JPG

山形県(福島県) 磐城壽 iwakikotobuki 

DSC_1087.JPG


土耕ん醸(どこんじょう)』 山廃 純米 原酒 生詰
今は、山形県でお酒を造っている、元福島県の鈴木酒造店 長井蔵のお酒です。
酒屋さんのセールスコピーには
「土耕ん醸」 熟成による存在感と農業・醸造の造り手の志を感じる一本
とありました。

元々、この「土耕ん醸(どこんじょう)」は震災前から鈴木酒造店で販売されておりました。

「熟成」をテーマに、耕し手と醸し手が同じ志の元に
その土地ならではの味わいを表現しようと誕生したと聞いてます。

今は、山形県でお酒を造る鈴木さんのところで、「土耕ん醸」も造られております。

福島市生産農家、丹野友幸氏が作った「五百万石」65%精米の山廃純米生詰め原酒。
色々な思いのこもったお酒です。
ですから色んな味わいがバランスよく楽しめるお酒に仕上がっていると思います。
さらに酒屋様のコピーに
「 おすすめの飲み方 常温からお燗 」とありました。
もろはくでは冷蔵庫に入っておりますが、お燗での楽しみが倍増いたします。

月が替わって卯月、4月。
今月もいろいろな味わいを楽しみながら、張り切って日本酒しましょう〜〜〜〜

ではでは〜〜〜


posted by もろはく at 08:43| お酒のご案内