2017年10月05日

ひやおろしって、進化してるね

お世話になります。
市内、手稲山に初冠雪のニュースが舞い込んできました。
自宅からも手稲山は見えますが、雪は見えません・・・
と言いながら、季節は変わってきてますね。

今日は、今まであまり使わなかった「ひやおろし」をお勧めしたします(笑)。

DSC_2386.JPG

京都府 徳次郎 tokujiro

DSC_2387.JPG


特別純米 ひやおろし 原酒
京都産五百万石55%精米の原酒です。
開けて二日目でも「ぷしゅ」って言うんですよね。
火入れの温度が低いのかな〜
必要最低限の火入れなんでしょうね。
これまた、そこそこのフレッシュ感(ビックリしてます)。

個人的な見解で「ひやおろし」は、中途半端感が抜けませんでした。
生でもない、熟してもいない・・・
昔と今は、日本酒の世界も違うのでしょうが、いつも、ピンと来ていなかった・・・
だから、紹介する気にもならなかった・・・
それなら自分で熟成したもの、自信を持って進めた方が良いと思っておりました。
今でも、その感じは、頭の中にあります。

ただ最近の「ひやおろし」・・・
「ひやおろし」用に造っているのですね〜〜〜

美味しい、面白い!

この徳次郎もそんなお酒と感じました。

うちの古くからのお客様も
「えっ?ひやおろし、あるの???」
そんな感じです。

この季節、晩秋でも初冬でもないこの季節に
このお酒、いかがですか?

雄町しております。

ではでは〜〜〜

posted by もろはく at 09:46| お酒のご案内