2018年08月15日

九平次ですよ、全員集合!

お世話になります。
8月15日の水曜日です。
もちろん、もろはく、こもりく、営業いたします!
本日、お仕事の方もいらっしゃいますよね〜
水曜日と言うことで、ノー残業デー・・・
かも知れませんね。

それでは・・・
日本酒しませんか?

前回、ご紹介のお酒、大人気で売り切れましたが再入荷です。

DSC_4452.JPG

愛知県 醸し人九平次 kamoshibito kuheiji

DSC_4453.JPG


純米大吟醸 協田
雄町米使用の純米大吟醸です。

前回の紹介内容です。

数年前より使用する酒米を晩生品種であります「山田錦」「雄町」を中心に
製造が変わって行きました。
その時に熱心に語ってくれていた九平次さんを思い出します。
当時、個人的には、早生品種を使ってできた九平次も好きでした。
ですから「なぜ晩生品種にこだわるのか」かが、今一、ピンと来ていませんでした。
それから数年、いやその時に九平次さんの野望は始まっていたのですね。

今では、山田錦も雄町も自らで造り始めております。
「酒にこだわるには、米から始まる。」
そう言う意味合いを感じております。

個人的には「オマチスト」です。
見事で柔らかい穏やかな旨さが広がるこの協田。
よろしければいかがですか?

雄町しております。
ではでは〜〜〜

でした。



さらに下記のようなお酒も来ました。

DSC_4450.JPG

醸し人九平次

20180813160442.jpg


CAMARGUE(カマルグ)に生まれて
南仏プロヴァンス地方のカマルグという土地で栽培された米品種「マノビ」を
九平次さんのお蔵で醸したお酒です。
昨年の入荷時も、即完売でした。
50%精米ですが、このお米「マノビ」は酒造好適米に認定されていないので
「清酒」と言う事になります(純米大吟醸とは、名乗れません)。

気になる方、お早めにどうぞ。
ではでは〜〜〜
posted by もろはく at 09:39| お酒のご案内