2020年03月11日

千歳鶴 鶴の汲みたて 純米吟醸

お世話になります。
3月11日の水曜日です。
昨日から、雨模様の札幌です。
札幌は、落ち着いて来ましたが、道東の雨が心配ですね。
雪解けの水もあるので、十分、注意してくださいね。

さて、今日は、地元のお酒「千歳鶴」をおすすめいたします。
実は、先日のお休みに、元気をいただきにお蔵にお邪魔してきました。

DSC_8404.JPG

千歳鶴は、千歳市にあるのではなく、札幌のお酒です。
もろはくからは、徒歩で20分弱のところにあります。

DSC_8406.JPG


丁度、頒布会で販売予定の「ゆめぴりか」を使ったお酒の上槽に立ち会えました。
タイミングよく、試飲もさせていただきました。
見事な味わいでした。
搾りたてなのに、程よくまとまり感があるようにも思えました。
頒布会の6月のお酒になるとの事でした。
楽しみですね〜

この頒布会のお申し込みは、千歳鶴通販店様が、
行ってもおります。
ご興味のある方は、16日が締め切りですので、お早目にご連絡してみてください。

さてさて本日のお勧めです。

DSC_8228.JPG

北海道 札幌市 千歳鶴 Chitosetsuru

DSC_8229.JPG


札幌限定 千歳鶴 鶴の汲みたて生
今年も出てまいりました。
と言いつつ、第三弾の純米吟醸です。

お蔵元様のフェイスブックより〜
【札幌限定 千歳鶴 鶴の汲みたて生】

札幌の地酒「千歳鶴」より、創業以来初めての試みとなる
札幌の飲食店様限定の酒を今月発売いたします。

その名も【鶴の汲みたて生】。

「札幌で醸したできたての酒を札幌で味わっていただきたい。。。」
数年前より温めてきた市澤杜氏の想いがこの冬、形になります。
「札幌唯一の酒蔵「千歳鶴」だからこそ、できたての酒を札幌の街にお届けできる。」
この酒は、できたてそのままの生原酒を瓶詰し、蔵元出荷からわずか2日で札幌の飲食店様までお届けいたします。

もぎたての果実のような香りと力強くストレートな味わい。。。
できたての日本酒の旨さ、他ではなかなか出会えないのではないでしょうか?

とのことで、2018年の12月から始まった商品です。
今回のお酒は、第三弾で、今年の最終章になります。
吟風55%精米。
旨味をしっかり残しつつ、市澤杜氏のきめの細かい仕上がり具合が素敵です。

札幌のお酒「千歳鶴」、飲まないと・・・
残念な気持ちになりますよ〜〜〜
市外の皆様、札幌にお越しの際には「千歳鶴」をお楽しみください。

ではでは〜〜〜

posted by もろはく at 09:29| お酒のご案内