当面の営業時間のご案内です
営業時間

北海道並びに札幌市のすすきの地区等における
営業時間短縮等の要請を受けました。

DSC_0103.JPG

従いまして

22時までの営業といたします。

(ラストオーダーは、21時30分です)

期間は1月16日(土)から2月15日(月)です

開店時間は土曜日と日曜日、祝日の営業日は、15時から営業いたします。


どうぞよろしくお願い致します。

午後8時までにご入店の方のご予約受付いたしております

密を避けるよう、席数を減らしての営業です

ご来店前にお電話でお席のご確認をお願いいたします。


1月の定休日は
31日(日)です

2月の定休日は
7日8日14日23日24日28日(日)です

・密にならないように席数を減らします。
・ご入店人数は、1組様4名様までといたします。
 (ご来店時にお電話にてお席の確認をしていただけるとありがたいです)
・店内入り口で、手の消毒をお願いします。
・店内換気、随時、行います。
 (涼しい等、ありましたらお伝えください)
・スタッフは、マスク着用いたします。
・店内、パーテーション設置しております。
・スタッフも感染症対策、健康に十分、気をつけます。
・自粛解除になりましたが、お客様も決してご無理のないご利用をお願いいたします。
・席数も減らしております、スタッフの配置も小人数で行います。
 お時間かかる場合もありますが、ご容赦のほど、お願いいたします。

■姉妹店和食屋隠口は、2月15日まで休業いたします。
 ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

2020年12月31日

2020年、終了しました。

DSC_9998.JPG

2020年、令和弐年、子年。
お陰様で納めさせていただきました。
ありがとうございます。

昨年同世に納めの30日、多くの方のご来店をいただきました。
今年一番のお客様のご来店でした。
お断りした皆様、ごめんなさい。
よいお年をお迎えください。
言えなくてごめんなさい。

凄い年でしたね。
今まで経験のない、何とも言えない一年でした。
昨年末には、今年の展望と抱負を書いておりましたが
思うようにはなりませんでした。

新年の事は、まだ見えてきません。
年が明けてから考えていこうと思いますが
こちらの方から何かしらの動きをしていきたいと考えております。
最近、今年一年を漢字一文字に例えると・・・
と言う問いが多く聞きますが、皆さんは、どんな文字が浮かぶのでしょうか。
私は「申」でしょうか。
申請の申です。
書類を多く書きました、そういう一年でした。
希望として、新年は、読みは同じでも意味が違う「進」になりたいです。
動きたくても動けない一年でした。
来年は進みたい、そう言う思いです。

毎年書いておりますが
私達は、飲食チームとして、そして特に日本酒部門で、
皆様に喜んでいただける様に頑張りたいと常々思っております。

いつの時代でも日本酒が、美味しいですね。
一口飲むと、顔の表情がゆるやかになります。
そんな皆様のお顔を拝見出来る事、嬉しく思います。

ここ10年間で日本酒の世界も様替わりしてきております。
醸すお蔵元、方向性、味わい、変化してきていますね。
酒屋様も、いろんな日本酒を全国で、応援してくれてます。
愛飲家も、永く愛し続けている方もいますし、最近、日本酒に出会っちゃった方々も増えておりますね。
その出会い、私達は、お手伝いしていきたく思っております。

おかげさまで、もろはくは28回目のお正月を迎えます。
和食屋隠口(こもりく)は、20回目のお正月を迎えます。
「ありがたい」の一言です。

永く営業させていただいておりますが、新年が一つの正念場になると思っております。

一日一日、大事に大事に過ごさせていただこうと思っております。

もろはくらしい、ご提案。
頑張りたいです。

昨年末も書きましたが・・・
もろはくも永く営業させていただいてきました。
開店当初とは、世の中も変わってきました。
店主も歳を取ってきましたね(笑)。
ベテランらしく?
とは言え、まだまだ若い方々と一緒に札幌で頑張りたいと考えております。

DSC_9979.JPG


新年は1月4日(月)16時より、皆様のご来店を 雄町 申し上げております。

新年も皆様にとって、またまた素晴らしい日本酒ライフの一年になる事を祈念しております。

ありがとうございました。

2020年 大晦日

有限会社 もろはく 代表 浜口恭行 スタッフ一同
posted by もろはく at 04:41| お知らせ