当面の営業時間のご案内です
営業時間

北海道並びに札幌市のすすきの地区等における
営業時間短縮等の要請が解除になりました。
従いまして

16時から23時までの営業です。

(ラストオーダーは、22時30分です)

土曜日と日曜日の営業日は、15時から営業いたします。


どうぞよろしくお願い致します。

午後8時までにご入店の方のご予約受付いたしております

密を避けるよう、席数を減らしての営業です

ご来店前にお電話でお席のご確認をお願いいたします。


3月の定休日は
毎週日曜日と8日(月)22日(月)です

・密にならないように席数を減らします。
・ご入店人数は、1組様4名様までといたします。
 (ご来店時にお電話にてお席の確認をしていただけるとありがたいです)
・店内入り口で、手の消毒をお願いします。
・店内換気、随時、行います。
 (涼しい等、ありましたらお伝えください)
・スタッフは、マスク着用いたします。
・店内、パーテーション設置しております。
・スタッフも感染症対策、健康に十分、気をつけます。
・自粛解除になりましたが、お客様も決してご無理のないご利用をお願いいたします。
・席数も減らしております、スタッフの配置も小人数で行います。
 お時間かかる場合もありますが、ご容赦のほど、お願いいたします。

姉妹店和食屋隠口も、3月1日から営業再開いたしました。
ご声援、よろしくお願い致します。

2021年02月18日

菊姫 鶴乃里 生原酒

お世話になります。
2月18日の木曜日です。

今朝の札幌、雪空、少し重め?の色合い、白っぽい雲が広がっております。
気温は、さほど低くないですが、北西からの風で、肌寒く感じそうですね。

DSC_0268.JPG

昨日の大通公園近辺です。
排雪も入りましたが、例年よりも雪が少ない感じです。

このまま、春に向かって欲しいのですが・・・
まだ2月ですから、もう少し冬っぽくなるでしょうね〜

この時期、生原酒がお蔵から発信されてきます。
今日のお勧めも、当店人気のシリーズのお酒の生原酒です。


DSC_0275.JPG

石川県 菊姫 Kikuhime

DSC_0276.JPG


山廃 純米 鶴乃里 生原酒

石川県の銘酒「菊姫」です。
老舗蔵です。
いろんなタイプのお酒を出荷されております。
どのタイプにも「らしい」味わいを感じられ
定番酒ではないですが、メニュ-登場回数は、
かなり多くなっております。

そもそも菊姫会のみの販売酒である菊姫鶴乃里。
毎年10月に出荷されるのですが、その限定酒の生原酒であります。
菊姫会会員酒販店(全国70店舗と聞きます)に年に一回の希少酒です。
調べてみました。

お蔵のホームページより抜粋
◎【鶴乃里生原酒 味わいコメント】
 色調には透明感があり、明るく、淡いイエロー。
香りはバナナ様の落ち着いた果実香の他、(ローストしたものではない、生の)アーモンド様の甘やかな香り(杏仁豆腐のような香り)や稲わらを思わせる香ばしさがほのかに感じられます。
口に含むと上品な甘味と旨味が広がり、鮮烈な酸味とアルコールのボリューム感を伴って、骨格のあるしっかりとした味わいに仕上がっています。
また、この酸味とアルコールが、波がサッと引くような後口のキレにも繋がっています。
「兵庫県三木市吉川町産山田錦」という良質米由来の旨味・エキス分が素直に表現されていて
当社の『山廃純米無濾過生原酒』と飲み比べてみても面白い。
『山生』と『鶴生』、共に力強い味わいだが力強さの質が異なります。
『山生』はマッチョでパワフル、『鶴生』はより筋肉質で引き締まった印象。
造りの違いが良く表れていると思います。

この最後のフレーズが面白く感じました。
前者の「山生」も、もろはくでは、しっかりテイスト酒として人気ものです。

生原酒なので、いつものタイプよりは、味わいの濃さは高いですね。
さらにボリューム感が感じられます。
本来熟成により鶴乃里の美味しさが発揮されますが、
あえて熟成される前のお酒の味わいを楽しめる仕上がりとなっております。
さらにお燗でもお勧めいたしますし、氷を浮かべても美味しいです。

今日は、菊姫で参りましょう〜〜〜

DSC_0267.JPG
posted by もろはく at 00:39| お酒のご案内