2012年01月16日

金滴です!

午前中は忙しいと勝手に思い込み、午後からの見学を目的に出発しました。

最近、そらち地方の天候が見事なまでに冬型のため、JRで行く事にしました。

それも、今回は特急を使わずにローカル線で・・・

2012.01.15 金滴  002.jpg

まずは岩見沢まで

2012.01.15 金滴  008.jpg

その後、滝川まで
少し凍りついた車窓から今年の寒さがうかがえます。

2012.01.15 金滴  006.jpg2012.01.15 金滴  007.jpg

それにしてもすごい雪です。

江別を過ぎてから、雪の量が違います。


2012.01.15 金滴  012.jpg

行ってまいりました、金滴酒造です。

2012.01.15 金滴  124.jpg2012.01.15 金滴  135.jpg

着きました。

2012.01.15 金滴  017.jpg


川端杜氏と久し振りの対面です。

今は杜氏を含め4人で仕込んでおり、今日は仕事が少ないので3人での仕込みでした。

2012.01.15 金滴  021.jpg

本格的にここで造り出したのは22byから、そうです昨年の仕込みからなのです。
一通り、蔵の配置図や歴史もうかがいました。

蔵のある街は「新十津川町」。
昨年の十津川村の水害でこの町の歴史を再確認された方も多いともいますが、奈良県から移住してこられて出来た街がこの町です。

移住したては、軌道に乗るまではお酒を飲まないなどの規律があったとか・・・
その後、自分達のお酒は自分達で造ると言った事になり、この金滴が始まったとの事です。


2012.01.15 金滴  131.jpg2012.01.15 金滴  122.jpg

「金滴」飲んだことありますか?

もしも飲んだことがあってもここ2年、飲みましたか?

金滴は変わりましたよ!

2012.01.15 金滴  047.jpg

仕込み場の中に入って感じました。

「この香り」

新酒を仕込んでいる時のこの香り・・・

嬉しいなぁ〜〜

これは蔵に行った事のない方には分からない香りなんです。

2012.01.15 金滴  048.jpg

ちょうど吟醸の仕込みのタンクのモロミが良い状態になっており、吟香とともに新酒の香りが心地よく広まっておりました。

2012.01.15 金滴  050.jpg

さらに入り口近くには小さい仕込みタンクがあり、そこには吟風35%精米の大吟醸が仕込まれておりました。

先ほどの香りとは一味違う香り、大吟の香りもあったのですよ。

素晴らしいですね、北海道のお蔵にこの香りを感じたのはそんなに多くはないですね〜

どんどん嬉しくなる道産子の担当者です。

もともと水は豊富にある新十津川。

しかも質が高い。

水道水を飲んだら分かるでしょうね。

2012.01.15 金滴  036.jpg

米は全て道産米。

2012.01.15 金滴  115.jpg

新十津川のお米を中心に造られております。

2012.01.15 金滴  113.jpg

蔵のある地元のお米を使う・・・

2012.01.15 金滴  114.jpg

素敵だと思います。

地元の人が誇れる地元のお酒が誕生するのですよね〜

吟風、彗星、きらら・・・


今日はこの辺りまで・・・

素晴らしいお酒を発見しました。

もう2、3日待ってください・・・

我慢できないと言う方には・・・

2012.01.15 金滴  128.jpg

このお酒をお勧めします。

きららで醸した本醸造原酒!

日本酒度+8のいわゆる辛口と−8のいわゆる甘口のお酒です。

個人的には辛口をお勧めします。

原酒ですから、よろしければ自分で割り水して飲んでみてください。

本醸造でこの出来栄え・・・

楽しいですよ〜〜〜


しかしながらこの甘口・・・

−8って、これは大変なんですよ!!

あえてこの甘さを出すために、普段は3段仕込みのところをあえて4段仕込みにして、そしてこの米の甘味旨味を残すために、多くの米を4段目に投入しております。

最近は聞くことの少なくなった「きらら」で、あえて手間を惜しまず4段仕込みの本醸造生原酒。

好みはともかく飲んでみてください。

今日はもろはくにはありません。

ですからお求めは・・・

金滴酒造様

北海道新十津川町字中央71−7

定休日:土日・祝日
TEL 0125 (76) 2341
FAX 0125 (76) 4229

までお問い合わせくださいませ。

もしくは・・・

2012.01.15 金滴  139.jpg

砂川の 入山小山商店様 までお問い合わせください。

〒073-0161
北海道砂川市西1条北2丁目1−28
0125-52-2829

今週中には続きが書けますし、お楽しみの新酒が登場します。

乞うご期待です!!

ではでは〜〜〜






posted by もろはく at 10:58| お蔵訪問レポート