当面の営業時間のご案内です
営業時間

北海道並びに札幌市のすすきの地区等における
営業時間短縮等の要請を受けました。

DSC_0103.JPG

従いまして

22時までの営業といたします。

(ラストオーダーは、21時30分です)

期間は1月16日(土)から2月15日(月)です

開店時間は土曜日と日曜日、祝日の営業日は、15時から営業いたします。


どうぞよろしくお願い致します。

午後8時までにご入店の方のご予約受付いたしております

密を避けるよう、席数を減らしての営業です

ご来店前にお電話でお席のご確認をお願いいたします。


1月の定休日は
31日(日)です

2月の定休日は
7日8日14日23日24日28日(日)です

・密にならないように席数を減らします。
・ご入店人数は、1組様4名様までといたします。
 (ご来店時にお電話にてお席の確認をしていただけるとありがたいです)
・店内入り口で、手の消毒をお願いします。
・店内換気、随時、行います。
 (涼しい等、ありましたらお伝えください)
・スタッフは、マスク着用いたします。
・店内、パーテーション設置しております。
・スタッフも感染症対策、健康に十分、気をつけます。
・自粛解除になりましたが、お客様も決してご無理のないご利用をお願いいたします。
・席数も減らしております、スタッフの配置も小人数で行います。
 お時間かかる場合もありますが、ご容赦のほど、お願いいたします。

■姉妹店和食屋隠口は、2月15日まで休業いたします。
 ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

2021年01月26日

醸す森

お世話になります。
1月26日の火曜日です。
今日もよろしくお願いいたします。

DSC_0143.JPG

桜、咲きました!
チョットだけ春を感じられます。
可愛い白い花です。

DSC_0134.JPG

新潟県 醸す森 kamosumori

DSC_0135.JPG

袋搾り 純米大吟醸 無濾過生原酒 

今日はこのお酒をお勧めいたします。
一段仕込みのおりがらみです。
アルコール度数は14度。
一段なので日本酒度も思いっきりマイナスの36.
酸度も2.8.
楽しみなデータです。
ぜひ皆さんにも飲んでみてもらいたい・・・
これこそどこかで見かけたらトライしてください。

楽しくなりますよ〜〜〜


posted by もろはく at 00:00| お酒のご案内

2021年01月25日

日本全国にごりの日 遊穂

おせわになります。
昨日は、久しぶりに寒い朝を迎えました。
マスクから漏れる息がまつ毛の先に絡んでおりました。
朝方は、いろんなものに「しばれ」があり
太陽の光にキラキラとしていて、とてもきれいな
冬の札幌を感じました。
コロナが落ち着いた時には、全国の皆さんも
大好きな北海道にお越しくださいね。
そして澄んだ空気の中で日本酒してください。
心と体にしみこみますよ〜〜

では、本日のお勧めです!
日本全国にごりの日
はじまりはじまり〜〜

DSC_0132.JPG

石川県 遊穂 Yuho

DSC_0133.JPG


ゆうほのしろ 純米 生原酒 おりがらみ

もうお馴染み石川県羽咋市のお酒です。
過去にもいろいろとご紹介しておりますが
遊穂ブランドは2005年からのスタートですね。
最近、新しいブランド(復活蔵も含めて)がどんどん出てきます。
遊穂も最初はそうでしたね。
裏ラベルには、美穂社長の手書きの説明がプリントされたものが
貼られてました。
その事を話すと、ご本人曰く「恥ずかしい〜」との事でしたが
今では、それが懐かしいように感じるのは、私だけではないと思います。
すっかり人気の銘柄、ちょっぴりジェラシイ(笑)です。

さてさて今回も、あのお米「五百万石」の登場です。
石川県産米です。
お酒造りに欠かせない「麹米」に使われております。
掛米には、地元羽咋産の能登ひかりが使われております。
今回も五百万石の味わいを感じる事ができると思いますよ。
と言いながら、少しマニアックなお話しです。
裏ラベルにお米の使用比率まで横道杜氏が触れてくれております。
はい、五百万石が25%!
これ以上の詳細は定かではないですが、麹米の比率が25%でしたら、
麹の糖化酵素がとても高い事になります。
お酒にすると・・・
ここからは飲んでからのお楽しみ!!

出来立ての生酒のフレッシュ感+五百万石のならではのビター感+お蔵の愛情〜
いろいろな要素が絡み合って、素敵なおりがらみとなっております。
五百万石100%ではありませんが、とても楽しめる一本です!

先週から引き続き、石川県のお酒です。
天狗舞は、老舗蔵。
遊穂ブランドは、比較的若いブランド。
石川県、やはりおそるべし、懐が深いです〜

さらに今の季節のお酒に多い早生品種「五百万石」の味わいをお楽しみ下さいマセマセ。
今週も日本酒でまいりましょう!

ではでは〜〜〜




posted by もろはく at 00:00| お酒のご案内

2021年01月24日

1月24日は、今月の定休日です

DSC_0139.JPG

お世話になります。
お店の桜が開花しだしました。
とてもかわいいサイズのお花です。
花は咲いていますが、きょうは、春が待ち遠しいくらいの真冬日になるでしょう。

DSC_0136.JPG

1月24日は、今月の定休日です。
明日の日本全国にごりの日にお会いしましょう。

DSC_0106.JPG


今週は、三千櫻ウィークでした。
さらにアイテムも加わり、現在5種類での展開をしております。
北海道を拠点にしてくれた新しい酒蔵です。
道民として嬉しい限りです。
今後のお酒の味わいも変化してくるとは思いますが
この出来立て感を皆さんと共に共有して
今後の味わいを楽しみにしていきたいと思っております。

どこかで三千櫻を見かけたら、ぜひ飲んでみてください。
それでは、また明日、したっけ〜〜〜

追伸
姉妹店和食屋隠口ですが、時短要請を受け22時までの営業としていましたが
2月15日までは、休業いたしております。
いつもお世話になっている皆様のご心配を頂戴しておりますが
続けるために、今は、休ませていただきます。
クラウドファンディングご購入の皆様におかれましても
期限を延長し対応させていただきます。
どうぞ、よろしくお願い致します。
posted by もろはく at 00:55| 定休日

2021年01月23日

日本全国乳酸の日

お世話になります。
お隣のビルの工事ですが
また「解体ダダダ」で活気が戻っております。

本日の営業は15時からですが
少し賑やかかも知れません。
悪しからず・・・

DSC_0125.JPG

今年初めての日本全国乳酸の日がやってまいりました。
さっそく参りましょう!
今月はYAMAHAI!

DSC_0111.JPG

石川県 天狗舞 Tengumai

DSC_0112.JPG


純米 山廃 生原酒

加賀百万石の石川県。
昔から日本酒造りは盛んです。
その中で老舗の酒蔵の一つ「天狗舞」の登場です。
最近は「五凛」ブランドも立ち上げ
より幅広い魅力的なお酒を提案してくれております。

今日のこのタイプ、往年のしっかりとした野太い味わいを
感じられるお酒となっております。
さらに濃醇さと、生酒の新鮮さを兼ね備えているタイプでもあります。
天然の乳酸菌の力のもとで醸され、輪郭もはっきりとし、
パワフルで堂々たる存在感を主張します。

最近、ご紹介のお酒の使用米で五百万石が多くなっております。
この時期は、早生品種のお酒がどうしても増えてきます。
そのせいかもしれませんが、このお酒、
日本酒の持つ「甘辛酸苦渋」の五味が見事に溶け合い、
味わい深いお酒に仕上がっております。

初めて出会った時から、天狗舞は「山廃」と思っておりました。
能登杜氏の醸される伝統的な乳酸の力を味わえる山廃酒です。

今日は日本全国乳酸の日!
いろんなところで、乳酸楽しんでみてください!
ではでは〜〜〜

posted by もろはく at 00:52| お酒のご案内

2021年01月22日

白鶴錦 十四代

お世話になります。
昨日、近所の小学校でスキー授業をしてました。
それを見ていたおばちゃんの一言が耳に残ってます。
「みんな楽しそう」
ホント、そうでした。
外で遊ぶのも制限される中、授業で外に出ていれる・・・
何か良い光景でした。
そして、おばちゃん、ありがとう。

さてさて金曜日です・・・
日本酒フライデー
今週もやってきましたが、ここ一年、金曜日は、フツーの日よりも
落ち着いております。

ちょっとした空き時間にでも、お立ち寄りくださいませ〜
では、まいります!

DSC_0120.JPG

山形県 十四代 Juyondai

DSC_0122.JPG

純米大吟醸 白鶴錦

あまりここで紹介していない銘柄の登場です。
はい、あります。
今日は「白鶴錦」使用酒です。
以前にも載せましたが、山田錦の兄弟米?
同じ流れのお米を白鶴さんが作り上げました。
それを大御所が醸したわけです。

ご興味のある方、もしくは寄り道ができる方など
よろしればのよろしければ・・・

では。

DSC_0114.JPG


この枝にきれいなお花が咲くことでしょう〜〜
楽しみです。
ライバルは乾燥・・・
それは、人間も同じ・・・
posted by もろはく at 00:00| お酒のご案内

2021年01月21日

明日は、どのくらい、咲くかな

きました


DSC_0123.JPG


啓翁桜
posted by もろはく at 22:50| ちょっと一息

而今 生&火

おせわになります。
大寒らしい?吹雪もひと段落ですね。
もろはくの入るビルの御隣の工事もひと段落
したみたいで、騒音、振動も落ち着きました。
これで土曜日の15時からの営業も問題なく
出来そうです。

その前に本日のお勧めを〜

DSC_0109.JPG

三重県 而今 Jikon

DSC_0110.JPG


特別純米 火入れ 2019

特別純米 おりがらみ 生 2020

前回もあっと言う間にいなくなってしまった「おりがらみ」です。
お店も特に最近、落ち着きすぎてもいるので
ゆっくりとご紹介できたらと思い、出してみました。

どちらも美味しいです。
火入れの味の乗った旨味、素敵です。
軽く温度を上げても面白い逸品です。

おりがらみ、ご紹介のタイミングが短く
いつもご迷惑をお掛けしております。

よろしければ、このタイミングでいかがでしょうか?

木曜日です。
ゆっくりと日本酒出来ます。
いかがでしょうか?

ではでは〜〜〜

posted by もろはく at 00:00| お酒のご案内

2021年01月20日

七田 純米吟醸 五百石石 無濾過 生原酒

お世話になります。
1月20日、今日から大寒です。
ある意味それらしい日になっております。

市内の小学校の三学期も始まります。
なんとなく、月日が過ぎていきますね〜

寒い日の日本酒日和、本日のおすすめを行ってみたいと思います。

DSC_0065.JPG

佐賀県 七田 Shichida 

DSC_0066.JPG


純米吟醸 無濾過 生原酒 五百万石

またしても九州、佐賀県のお酒です。
九州に所縁が在るわけでもないのですが
なぜか九州のお酒をご紹介する事が多いです。
それだげ、皆さんの熱意を感じているのかもしれません。

今日のご紹介の使用米は、五百万石。
早稲品種です。
酒米生産量も山田錦に次ぐ多さでもあります。
お酒の生産地やお蔵によっては、味わいが違いますが
すごくキレイなお酒に仕上がることが多いですね。
ここで生原酒の登場!
フレッシュ感アリアリ。
七田の旨味もアリアリ。
両者の持ち味ミックスで楽しみ倍増。
生原酒の甘味に五百万石のビター感で味わいも引き締まり
ついつい飲み過ぎてしまいます。

大寒の寒い日にお燗も良いてすが
フレッシュ感を楽しむお酒もいかがでしょうか?

1月の日本酒日和ですよ〜手(チョキ)
雄町しております。

ではでは〜

posted by もろはく at 01:09| お酒のご案内

2021年01月19日

冬色 どんな色? 大吟醸 天吹

お世話になります。
今日明日は真冬日に戻った札幌です。
そう言いながら、寒さに段々と慣れていく自分の体に気がついてきました。
しかしながら、中心部の商業施設やチカホとかは、やはり暑く感じますね。
一時前のインバウンドの方々がいらしてた時、上着を脱いでいた方が多かった事を思い出しました。

そんな時代を懐かしく思いながら、本日も日本酒をお勧めいたします。

DSC_0067.JPG

佐賀県 天吹 Amabuki

DSC_0068.JPG


大吟醸 冬色

またしても佐賀酒の紹介です。
魅力的なお酒が多い佐賀県です。
従い、ここにもたくさんの銘柄の登場となりますね。
天吹も良く出てきますが、この時期は「冬色」です。

使用米は「佐賀県産夢しずく」との事。
個人的にあまり聞きなれないお米です。
興味深々です。
いっぱい削った40%精米。
旨味たっぷり感じる17,5%のアルコール度数。
そこに生酒・・・
想像してください、この冬色を〜

花酵母の上品な華やかさに旨みを感じつつ、キレて行く喉ごし・・・

なたはどんな色を感じますか?
雄町しております(笑)
ではでは〜〜〜

追伸 昨日おすすめした北海道の新しいメンバーのお酒ですが
   よろしければ、生酒のお燗、いかがですか?
   しっかり旨味も広がります。

DSC_0078.JPG

大きなお世話の噂話ですが・・・
人気の平岸の名店には岐阜県時代の熟成酒があると聞きました。
そちらも飲んでみたいものですね〜〜〜


posted by もろはく at 00:27| お酒のご案内

2021年01月18日

週の初めは新しい北海道のお蔵のお酒を〜

お世話になります。
1月18日の月曜日です。
気温の変化が激しい札幌です。
皆さん、風邪をひかないように・・・
日本酒しましょうね。

先日もご案内した北海道の新しいお蔵のお酒のご紹介です。

DSC_0078.JPG

北海道 東川町 三千櫻 Michizakura

DSC_0079.JPG

・純米吟醸  きたしずく55%精米 生
・純米吟醸  彗星   55%精米 生
・純米大吟醸 彗星   45%精米 生

どのタイプも出来立てのお酒達です。
出来れば、もう少し、置いてから出してみたいですが
少しでも早く、今の味わいを飲んでみて欲しいです。
もちろん、今後も、もっと楽しくなるような気がするお酒です。

明日あたりにさらに限定品も市内に出てくるようです。
どこかで見かけたら、北海道の新しいお蔵のお酒を飲んでみてください!
こう言う時に来てくれた北海道に来てくれたお蔵のお酒、応援していきましょう!

ではでは〜〜〜


posted by もろはく at 08:47| お酒のご案内